葉酸サプリ比較研究所

葉酸と薬との関係

飲み合わせの良し悪しはありますか?


葉酸は食品に含まれる栄養素なので、基本的には薬との飲み合わせは問題ない言われますが、昔から言い伝えられている食べ合わせが、割りと合理的だったするように、薬と食べ物、薬と薬も、それぞれに飲み合わせがあります。	
知らずにいて互いの効果を低減させてしまったり、間違った思い込みをしないように、薬の名前は把握しておきたいものです。

飲み合わせに注意する薬としてあげられているものがいくつかありますから、照らし合わせてみてもし該当する成分があったら、医師や薬局と飲み方を相談してください。

1.メトトレキサート(抗ガン剤)


主に、ガン治療薬として使われる、メトトレキサートは、葉酸の活性化阻害から、効果の低下のほかに、葉酸不足が深刻化することもあります。緊急処置として、葉酸を働かせるためにも、ホリナートという薬剤を投与する治療(メトトレキサート・ロイコボリン救援療法)が行われることもあります。

2.トリメトプリム(合成抗菌薬)


主に、尿路感染症の治療に用いられる、トリメトプリムは、葉酸を身体に働かせる、ジヒドロ葉酸還元酵素を抑制することで、葉酸の働きを阻害して、葉酸の効果が得にくくなることがあります。

3.ピリメタミン (抗マラリヤ薬)


海外旅行等で、ハマダラカという蚊に刺されて、マラリアに感染した際に使われることが多い、ピリメタミンは、葉酸を身体で働かせる、葉酸還元酵素の活動を低下させることで、葉酸の効果も低下させます。病院でも、葉酸欠乏症による、貧血などが起こらないように、慎重投与されます。

4.コレスチラミン、コレスチポル(胆汁酸吸収剤)


動脈硬化、心筋梗塞などの原因となる、血中のコレステロールを減らす薬剤で、葉酸のほかにも、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKの吸収阻害を起こします。病院では、ビタミン剤を処方することで、これらのビタミンの吸収阻害をカバーすることも多いです。

5.フルオロウラシル、カペシタビン(抗腫瘍薬)


ガン治療薬として使われる、これらの薬剤は、葉酸と摂取することで、排泄遅延から、副作用が増強する可能性があります。副作用としては、フルオロウラシルは、激しい下痢、出血性腸炎などがあげられ、カペシタビンは、手足の痺れ、吐き気、嘔吐、発熱などがあげられています。

6.バルビツール(睡眠薬)


不眠症の治療に使われる、バルビツールは、葉酸を身体で働かせる、葉酸還元酵素を抑制させることで、葉酸の効果を低下させることがあります。

7.フェノバルビタール(抗けいれん薬)フェニトイン、バルプロ酸(抗てんかん薬)


てんかん治療として使われる、坑てんかん薬は、薬を働かせるために葉酸が使われるなどから、血中の葉酸濃度を低下させて、妊娠初期では、神経管閉鎖障害のリスクを高める可能性があるとの見方もあります。また、坑てんかん薬の中でも、フェニトインは、葉酸と摂取することで、排出が促されて、効きが悪くなることもあります。

8.スルファサラジン(抗炎症薬)


炎症性大腸炎や関節リウマチの治療として使われる、スルファサラジンは、腸での葉酸吸収を妨げることで、葉酸不足に陥ることがあります。ですが、食事やサプリで、しっかりと葉酸を摂取していれば、そこまで影響を受けることはありません。

9.クロラムフェニコール(抗生物質)


細菌やウイルスなどの感染症に用いられる薬剤で、葉酸を体内で働かす、葉酸還元酵素の抑制により、葉酸の効果が低下します。クロラムフェニコールを長期的に摂取した場合、葉酸にある造血効果が働かずに、動悸・息切れ・発熱などが起きる、再生不良性貧血になることも多いです。

10.ピル(経口避妊薬)


ピルを使って、生理周期の安定や生理痛の緩和や避妊などを行っていると、葉酸が腸で吸収されにくく、葉酸不足に繋がりやすくなります。ピルをやめて、すぐに妊娠が発覚した場合、妊娠初期に行われる、胎児の脳や脊髄の成長に、葉酸が関与できないことから、神経管閉鎖障害のリスクが高まることもあります。

11.アスピリン(解熱鎮痛剤)


バファリンなど解熱鎮痛剤に含まれる、アスピリンは、葉酸を不活性化させて、効果を減らすことで知られていますので、妊娠中の風邪や頭痛などでの、安易な摂取は控えたいところです。
特に別項目にあげている、てんかん患者さんやピルを常用している人は、医療機関としっかりと話し合って、納得できる飲み方をするようにお奨めします。
妊娠に対して高い意識を持って、有効性の高い葉酸を飲んでも、飲み合わせに注意しなかったために、効果を感じにくい結果になるなんて残念です。

薬と葉酸、飲み方の工夫


病気の治療を続けながら妊娠・出産を乗越える場合は、葉酸の飲み方を工夫しましょう。

急激にサプリメント市場が拡大したため、医療機関とサプリメントメーカーともに、飲み合わせについてのスペシャリストはほとんどいないのが現状ですが、最近は成分に詳しいスタッフを置くメーカーも出てきました。

いくつかの説を参考に判断すると、葉酸を飲む時間を2時間または4時間ずらすと言うものです。

薬の飲み方は毎食後とか食間、就寝前など指定されていますから、就寝前に薬を飲むのなら朝食前後に葉酸を飲むとか、毎食後の薬であれば就寝前に葉酸を飲むなど、同時に消化吸収されないように工夫します。そうすれば薬の効果が低減したり、葉酸の吸収が阻害されるなどの影響を避けることができます。

ただし就寝前に葉酸を飲む場合、食間に飲む場合は、それぞれに注意が必要です。就寝前の胃は多くの場合空腹状態です。葉酸はほとんどが小粒で少量の水でも飲めますが、就寝前の空腹状態で水が少ないと、胃を荒らしてしまいます。

通常は200ml(コップ1杯)ぐらいの水で飲むのが良いと言われていますが、就寝前の場合は、胃を荒らさないため、できるだけ300ml(コップ1.5杯)位の水で飲んでください。

また食間に飲む場合にも言えますが、食事と同時に摂れないので、食事からビタミンCを摂ることができません。葉酸はビタミンCと協力して働きますので、成分にビタミンCが配合されたものを選ぶことも大切です。

お勧めできるサプリメントランキング

葉酸サプリ比較研究所は専門家の意見を参考に以下の項目を重視して妊活中、妊娠中にお勧めできるサプリメントを市場調査しました。優れた評価から順にS、A、B、C、D、Eの6段階評価で採点しております。
不要な成分は入っていないか?
(協力:栄養士10名へのアンケート結果)
葉酸以外に入っている成分のバランスは良いか?
(協力:栄養士10名へのアンケート結果)
誇大にHP上で紹介していないか?
(協力:薬事法対策研究会によるサイトチェック)
粒の大きさ、においなどの飲みやすさは考えられているか?
(協力:出産経験者50名によるアンケート)
安全性は確保されているか?
(協力:栄養士10名へのアンケート結果)
その他、購入者が満足できるサービスと運営しているか?
(協力:出産経験者50名によるアンケート)
1POLEPOLE葉酸サプリ「POLEPOLE葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「POLEPOLE葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

妊娠出産経験のある管理栄養士さんが監修している為、葉酸とオメガ3のセット商品は共感が持てますね。完璧に成分数値を計算していて「余計な成分を入れたくない」等のコンセプトはとても信頼性があります。さらに一般女性の経口摂取量を考慮し「モノグルタミン型葉酸を420μg」配合。推奨基準に合った吸収を目的にしっかり設計。摂取量が多くなっても水溶性ビタミン葉酸なので不要な分は体外へ排出されので安心ですね。

 
無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
B A A A A A
総合評価 A 詳細はこちら
2女性100人の声から生まれた葉酸サプリ「女性100人の声から生まれた葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「女性100人の声から生まれた葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

女性100人の声から生まれた葉酸サプリは、創業46年の知識と経験、お客様目線での品質改善、とても素晴らしい商品です。さらにサポート体制までしっかりしており、葉酸についての正しい知識をしっかりと説明し、妊活~出産までの間、少しでもお客様の不安とリスクを減らしたい!というメーカーの姿勢が感じ取れました。生まれてくる大切な赤ちゃんのために、きちんと考え抜かれた商品を選ぶことがお母さんになる第一歩ですね!

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
A A A A B A
総合評価 A 詳細はこちら
3ベルタ葉酸サプリ「ベルタ葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「ベルタ葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

ベルタ葉酸はリニューアルをして天然型酵母葉酸100%を明記していますが、そもそも「酵母葉酸」とは?合成葉酸を酵母で醗酵培養させた事を指すようです。「モノグルタミン酸型」を採用しており吸収率は「ポリグルタミン酸型」の約2倍です。さらに特徴として「イノシトール」の配合は見逃せないですね。理由は赤ちゃんのダウン症を防ぐのにイノシトールが有効とされていて、これを配合しているところは多くないようです。栄養成分がたっぷりで飲みやすさ、安全性、美容成分もツバメの巣、ヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲン他を配合しています。

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
B A A A B A
総合評価 A 詳細はこちら
4ママニック葉酸サプリ「ママニック葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「ママニック葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

安心してはじめる為の「15日以内の返金保証」が特徴です。200人の女性からアンケートを取って葉酸の必要性以外にも鉄分やカルシウム、ビタミン・ミネラルなど必要な栄養成分が絶妙なバランスで配合されている。また厚生労働省が推奨している「モノグルタミン酸型の葉酸」を採用しており吸収率がポリグルタミン酸型の葉酸と比較すると2倍も違いがあるとは驚きですね!さらに放射能試験、残留農薬試験を行っており、製造もGMP取得した工場で行っているとは安心です。

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
B A A B A A
総合評価 A 詳細はこちら
5パティ葉酸サプリ「パティ葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「パティ葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

数ある葉酸サプリの中でも、パティ葉酸サプリは無添加で余計な成分をいれず、また配合された成分も品質チェックで認定された物だけを使用しているので、安心して飲む事ができそうですね!ママと赤ちゃんに欠かせない、鉄分・カルシウム・ビタミン・ミネラルをバランス良く摂取できるので、妊活時の強い味方になってくれることでしょう。

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
A B B B A A
総合評価 B 詳細はこちら
6オーガニックレーベル葉酸サプリ「オーガニックレーベル葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「オーガニックレーベル葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

オーガニックレーベルの葉酸は、管理栄養士の「五十嵐ゆかりさん」と美容・健康のスペシャリスト「Maikoさん」プロデュースされている商品です。葉酸の原料ですが、オーガニックレーベルは100%オーガニックのキヌアスプラウトで天然原料100%・完全無添加処方を採用。

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
A A A B B B
総合評価 B 詳細はこちら
7食べる葉酸・カルシウム「食べる葉酸・カルシウム」葉酸サプリ比較研究所

「食べる葉酸・カルシウム」葉酸サプリ比較研究所

妊娠中の女性にうれしい成分「葉酸」と「カルシウム」をこれ1つで摂取できるのは嬉しい!お財布にも優しくヨーグルト風味なので、妊活が終わってからも家族みんなで健康の為に摂取しても牛乳や魚が苦手な方でもこれなら2粒で牛乳瓶約1.5本分のカルシウムが手軽に摂れますね!

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
B B A B B A
総合評価 B 詳細はこちら
8美人貯金LOVENESS「美人貯金LOVENESS」葉酸サプリ比較研究所

「美人貯金LOVENESS」葉酸サプリ比較研究所

葉酸と、JAS認定農家が農薬を使用せず栽培したマカを同時に摂取できるサプリメントです。シンプルなパッケージなので気軽に、手軽に場所を選ばず飲むことができそうです。マカ、ビタミンE、ビタミンBなど、妊活には欠かせない栄養素をトータルに配合されていますが、全成分の表記が記載されていなかったのが残念です。

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
C B B B B B
総合評価 C 詳細はこちら
トップに戻る