葉酸サプリ比較研究所

葉酸サプリメントの活用

葉酸サプリ比較研究所

葉酸はさまざまな食品に含まれているので、本来は食事の中に積極的に取り入れる事ができれば良いのですが、水に溶けやすい性質を持つ水溶性のビタミンなので、ゆでて食べることの多い野菜などでは溶け出してしまい、必要量を摂ることがむずかしいのです。

また緑黄色野菜や海草以外では、うに・すじこ・うなぎ肝など、ふだんはあまり献立に考えなくて、しかも必要量を食べることが無理に思えるものが多いので、やはり難しいようです。

栄養バランスを考えて食事をしているので、できればサプリメントに頼りたくないと考える人もいると思いますが、実際はそのための努力だけで疲れてしまうでしょう。

現実に摂取推奨量を取れている妊婦は、わずか13%というデータもあります。 最初に葉酸の説明で述べましたが、食品から発見された葉酸はプテロイルポリグルタミン酸という型で、体内でそのまま働くことはなく、消化器官で分解され消化された後、プテロイルモノグルタミン酸という活性型に変わって働きます。

食品からの摂取に加えて、栄養補助としてサプリメントから活性型のプテロイルモノグルタミン酸を補充することは、ばらつきなく効率的に効果をあげるのに必要な措置だと言えます。

世界的に見ると、厚生労働省の決断は遅かったようにも思えますが、商品の安全性が保障され、産まれてくる子どもたちの障害リスクを下げて健やかに育つように、 また母体としてのお母さんの心身を守るためにも必要と判断として、厚生労働省はサプリメントからの摂取を奨めるのです。

いつから飲むの?


葉酸サプリ比較研究所

厚生省の通達によると、胎児が神経細胞の障害で先天性異常で生まれるリスクを下げるために、妊娠1か月以上前から妊娠3か月までの間は、葉酸を摂取するのが特に望ましいとなっていて、妊娠の可能性のある時期から摂取するように奨めています。

それだけではなく、葉酸は造血作用で血行を良くして健康な卵子を育て、女性ホルモンの分泌を良くして子宮を健康にし、厚く柔らかい子宮内膜を育てるなど、妊娠しやすい体内環境をつくる働きをしますので、もちろん妊娠前から必要なのです。

ですが厚生省が通達を出してから10年以上が経った現在、障害リスクの発生率は減ったのかというと・・・実はあまり減っていません。「え?葉酸摂摂っても意味なかったの?」と思うかも知れませんが、そうではありません。

早いタイミングでの葉酸摂取の必要性が、まだまだ知られていないのが原因のようです。

タイミング?


通常妊娠後少なくても3ヶ月までは必要、と言われることが多いのですが、それ以上に妊娠に気づかない時期がもっと大切な時期なのです。

受精しているのに妊娠に気づかないこの時期は、受精卵が驚異的な細胞分裂を繰りかえして胎児となる大切な時期なので、葉酸は通常の2倍は必要と言われています。

この時期に葉酸が不足すれば細胞分裂が活発に行われなかったり、DNAが正常に伝達されなかったりして、先天性異常の危険性が高まるとも言われています。ですから、妊娠の可能性があったり望んだりするならば、妊娠前から体調を整え良い妊娠を望めるように心がける意味で、数ヶ月前からの摂取が必要なのです。

これが妊娠1ヶ月以上前からと言う理由ですが、現実はまだ妊娠がわかってからサプリを飲み始める人も多いようです。けれども、妊娠後の摂取でも胎児の発育には欠かせない栄養なので、元気な赤ちゃんを産むために飲み続けてください。

更に気をつけて欲しいこと


経口避妊薬(ピル)を服用していた場合は、少なくても2~3ヶ月以上を経ないと、体内環境が元に戻らないと言われています。

ピルは望まない妊娠を防ぎ、月経困難症の治療にも有効ですが、葉酸やビタミンB6などの、いくつかの栄養素が吸収しづらくなるという困った副作用があり、慢性的に葉酸が不足している恐れがあるのです。

もし服用をやめてすぐ妊娠した場合、赤ちゃんには葉酸不足による影響も考えられます。妊娠初期ばかりではなく、むしろいずれ妊娠を望むならば、数ヶ月前からピルと併用することをお奨めします。

妊活前は必要ない?


今から数十年前、少子化や不妊治療、妊活と言う言葉がそれ程社会的に認知されていなくて、結婚年齢が男女ともに上昇し始め、40代での出産も「大丈夫なんだ!」と受け入れられ始めた頃の、女性たちの会話がヒントになるかも知れません。

やっと就職したんだからもう少し実績を積むまで結婚はしない、結婚してもしばらくは2人で楽しみたいから妊娠はしない、子どもが欲しくなればいつでも(40代だって)産める…

特に女性は卵子を保存しているのだから、いつだって欲しい時に産める、という気持ちが増えてきた時期だったのではないでしょうか?中学校時代の保健体育で、女性には生まれた時から卵子が保存されていることや妊娠、閉経のことは勉強しましたが、年齢とともに卵子が古くなって良い働きをしなくなるんだとは、感じていなかったように思います。

現実的には年齢を経る程妊娠しにくくなる、障害のない安全な妊娠に赤信号がともるなんて、成人してもあまり考えていなかったように思います。

そのような社会の流れの中で、もともとストレスを受けやすい仕組みをもっている女性は、仕事や人間関係でかなりのストレスを受け続けますし、過剰なほどのダイエットによる食生活やストレスが原因で貧血を起こしていたり、晩婚による卵子の退化、生活習慣を守るための産児計画などで、結婚しても妊娠することが当たり前ではなくなりました。

体質的に妊娠が難しい人とは別に、個人の事情で妊娠を避けてきた人にとって、妊娠を望む時に妊娠しにくい時代になっていると思いますので、いずれ子どもを望むのであれば、考えていない時からからだづくりをするべきなのです。

もともと妊娠は人知の及ばない、奇跡的なできごとであるとも言われており、生活の価値観が全く別のことにあっても、必要な栄養素をしっかり補給する事がたいせつです。まして葉酸は通常の食生活では摂りにくいのですから、上手にサプリメントを利用して来るときに備えましょう。

過剰摂取の心配は?


あまり深刻に考えることはないようです。養蚕は水溶性ビタミンなので、多少過剰に摂取しても普通に腎臓から尿となって、体外に排泄されるとの専門家が多いようです。
ただし、過剰も度が過ぎれば人によっては葉酸過敏症を起こすことがありますので、平均摂取量の枠内で摂取するのが望ましいのです。

葉酸過敏症の症状としては、発熱、じんましん、かゆみ、呼吸困難などが報告されています。また葉酸が過剰に摂取されて、まれですがビタミンB12不足を見逃すケースがあります。

ビタミンB12は葉酸とともに造血作用があるので、どちらも不足すると貧血の症状が現れますが、ビタミンB12不足の場合は下肢のしびれや運動障害などの神経障害が伴います。

貧血には葉酸という考えで葉酸を大量に投与した場合、貧血が治まっても神経症状が治まらずビタミンB12不足の診断が遅れて、症状を悪化させることもあります。また多く摂れば赤ちゃんに良い影響を当てるかも知れないと言う考えで、過剰に摂取することはやめましょう。特別に良い効果を望めることはありません。

過ぎたるは及ばざるがごとし、適正な摂取基準を守ることが、最も効果的な利用法なのです。

お勧めできるサプリメントランキング

葉酸サプリ比較研究所は専門家の意見を参考に以下の項目を重視して妊活中、妊娠中にお勧めできるサプリメントを市場調査しました。優れた評価から順にS、A、B、C、D、Eの6段階評価で採点しております。
不要な成分は入っていないか?
(協力:栄養士10名へのアンケート結果)
葉酸以外に入っている成分のバランスは良いか?
(協力:栄養士10名へのアンケート結果)
誇大にHP上で紹介していないか?
(協力:薬事法対策研究会によるサイトチェック)
粒の大きさ、においなどの飲みやすさは考えられているか?
(協力:出産経験者50名によるアンケート)
安全性は確保されているか?
(協力:栄養士10名へのアンケート結果)
その他、購入者が満足できるサービスと運営しているか?
(協力:出産経験者50名によるアンケート)
1POLEPOLE葉酸サプリ「POLEPOLE葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「POLEPOLE葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

妊娠出産経験のある管理栄養士さんが監修している為、葉酸とオメガ3のセット商品は共感が持てますね。完璧に成分数値を計算していて「余計な成分を入れたくない」等のコンセプトはとても信頼性があります。さらに一般女性の経口摂取量を考慮し「モノグルタミン型葉酸を420μg」配合。推奨基準に合った吸収を目的にしっかり設計。摂取量が多くなっても水溶性ビタミン葉酸なので不要な分は体外へ排出されので安心ですね。

 
無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
B A A A A A
総合評価 A 詳細はこちら
2女性100人の声から生まれた葉酸サプリ「女性100人の声から生まれた葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「女性100人の声から生まれた葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

女性100人の声から生まれた葉酸サプリは、創業46年の知識と経験、お客様目線での品質改善、とても素晴らしい商品です。さらにサポート体制までしっかりしており、葉酸についての正しい知識をしっかりと説明し、妊活~出産までの間、少しでもお客様の不安とリスクを減らしたい!というメーカーの姿勢が感じ取れました。生まれてくる大切な赤ちゃんのために、きちんと考え抜かれた商品を選ぶことがお母さんになる第一歩ですね!

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
A A A A B A
総合評価 A 詳細はこちら
3ベルタ葉酸サプリ「ベルタ葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「ベルタ葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

ベルタ葉酸はリニューアルをして天然型酵母葉酸100%を明記していますが、そもそも「酵母葉酸」とは?合成葉酸を酵母で醗酵培養させた事を指すようです。「モノグルタミン酸型」を採用しており吸収率は「ポリグルタミン酸型」の約2倍です。さらに特徴として「イノシトール」の配合は見逃せないですね。理由は赤ちゃんのダウン症を防ぐのにイノシトールが有効とされていて、これを配合しているところは多くないようです。栄養成分がたっぷりで飲みやすさ、安全性、美容成分もツバメの巣、ヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲン他を配合しています。

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
B A A A B A
総合評価 A 詳細はこちら
4ママニック葉酸サプリ「ママニック葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「ママニック葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

安心してはじめる為の「15日以内の返金保証」が特徴です。200人の女性からアンケートを取って葉酸の必要性以外にも鉄分やカルシウム、ビタミン・ミネラルなど必要な栄養成分が絶妙なバランスで配合されている。また厚生労働省が推奨している「モノグルタミン酸型の葉酸」を採用しており吸収率がポリグルタミン酸型の葉酸と比較すると2倍も違いがあるとは驚きですね!さらに放射能試験、残留農薬試験を行っており、製造もGMP取得した工場で行っているとは安心です。

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
B A A B A A
総合評価 A 詳細はこちら
5パティ葉酸サプリ「パティ葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「パティ葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

数ある葉酸サプリの中でも、パティ葉酸サプリは無添加で余計な成分をいれず、また配合された成分も品質チェックで認定された物だけを使用しているので、安心して飲む事ができそうですね!ママと赤ちゃんに欠かせない、鉄分・カルシウム・ビタミン・ミネラルをバランス良く摂取できるので、妊活時の強い味方になってくれることでしょう。

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
A B B B A A
総合評価 B 詳細はこちら
6オーガニックレーベル葉酸サプリ「オーガニックレーベル葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「オーガニックレーベル葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

オーガニックレーベルの葉酸は、管理栄養士の「五十嵐ゆかりさん」と美容・健康のスペシャリスト「Maikoさん」プロデュースされている商品です。葉酸の原料ですが、オーガニックレーベルは100%オーガニックのキヌアスプラウトで天然原料100%・完全無添加処方を採用。

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
A A A B B B
総合評価 B 詳細はこちら
7食べる葉酸・カルシウム「食べる葉酸・カルシウム」葉酸サプリ比較研究所

「食べる葉酸・カルシウム」葉酸サプリ比較研究所

妊娠中の女性にうれしい成分「葉酸」と「カルシウム」をこれ1つで摂取できるのは嬉しい!お財布にも優しくヨーグルト風味なので、妊活が終わってからも家族みんなで健康の為に摂取しても牛乳や魚が苦手な方でもこれなら2粒で牛乳瓶約1.5本分のカルシウムが手軽に摂れますね!

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
B B A B B A
総合評価 B 詳細はこちら
8美人貯金LOVENESS「美人貯金LOVENESS」葉酸サプリ比較研究所

「美人貯金LOVENESS」葉酸サプリ比較研究所

葉酸と、JAS認定農家が農薬を使用せず栽培したマカを同時に摂取できるサプリメントです。シンプルなパッケージなので気軽に、手軽に場所を選ばず飲むことができそうです。マカ、ビタミンE、ビタミンBなど、妊活には欠かせない栄養素をトータルに配合されていますが、全成分の表記が記載されていなかったのが残念です。

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
C B B B B B
総合評価 C 詳細はこちら
トップに戻る