葉酸サプリ比較研究所

天然葉酸と合成葉酸、どちらの葉酸を選ぶ?

わからなかったこと


葉酸サプリ比較研究所

天然葉酸にこだわる主張と厚生労働省が推奨する合成葉酸でそれぞれの主張を紹介しましたが、情報は限りなくあり、最終的には自分がどう理解し納得するかで選ぶことになると思います。

情報は多いですが、基本的には似通ったいくつかに分けられます。

ただ混同しやすい情報があり、しかも正確に伝えられていないので、商品を詳細に確認するか、それでもわかりにくい場合はメーカーに問合せするなどして、商品の正しい知識を得てから選ぶことが必要かも知れません。

あいまいな点①


分類がはっきりしません。 葉酸サプリメントは、通常「天然サプリ」と「合成サプリ」の大きく2種類に分けるのが一般的なのですが、合成サプリには更に「合成サプリ」と「化学合成サプリ」があるとも紹介されています。

その他に天然型葉酸と言われるタイプがあり、成分表で見分けられるのかどうかはっきりしません。 

ホームページで公開しているメーカーばかりではないようです。
更に微生物から抽出したのは合成葉酸で、酵母からだと天然型葉酸としているメーカーもありますが、情報によっては、酵母由来は合成葉酸だと説明している人もいます。

あいまいな点②


良くない症状が現れる危険性がある時、そうなるにはそれなりの理由があるのに紹介せず一方通行的な表現があります。 あたかもどちらかを選ばせるために刷り込みをしようとしているようにとれます。  

例えば、合成葉酸はアレルギーや小児ぜんそくにかかる危険性があると、天然葉酸を擁護する情報も数多くありましたが、片手落ちとも思われる表現です。 
アレルギーの危険性は摂取基準を守らず高容量摂取したり、小児ぜんそくは妊娠後期に基準以上の葉酸を摂取する時と、多くの情報にあるのに記載されていませんでした。 
厚生労働省では、天然素材が安全でアレルギーの可能性がないとは言えないとの立場で、実際の食生活でも、天然自然食材でアレルギーが発生しています。

また合成葉酸は石油系だからからだに悪い、飲めますか?と言う表現がかなりありますが、合成葉酸が全て石油系でないことを、天然葉酸を擁護する情報には述べられていません。  
情報を得る側の権利と責任によって判断するものですが、そのためには焦らずゆっくりと信頼できると思う情報を引き出すしかありません。

あいまいな点③


摂取基準は最も多い時期で400µg/1日、吸収率の低いオーガニック素材で葉酸を取り出すにはどのような方法を使うのでしょうか? 企業秘密になる?ある天然由来の商品には抽出すると記載されていますが、オーガニックはどうなのでしょうか? 粉砕だと全ての成分が含まれたままになりますから、素朴に疑問を感じました。  

吸収力の低い材料で400µgを確保する方法が気になりますし、抽出の場合を含め、莫大な量と思えるもったいない廃棄物は出ないのでしょうか。リサイクルしているとか?  総合的に判断すると、不安な点は葉酸の定義と、葉酸の原料ではないかと思います。 

天然だから良い、合成だから悪いではなく、国が国民に推奨したのは合成葉酸であることを前提に、合成葉酸の原料として何をどのように加工するのか、誰もが理解できるような情報が必要なのです。

合成葉酸の正体がわかれば、天然葉酸との違いを対比させて、きちんとした論争ができますし、消費者の選択も賢くなるはずです。  
また添加物はどうなっているのでしょうか? 原料は理解できても、形状や味、保存、劣化防止のための添加物はどんなものが使われているのか、商品には明記されているでしょうが、ホームページなどでは確認しにくいようです。
でも実際確認できても、それがどんなものか理解できる人は多くないかも知れません。 そう考えると、葉酸を選ぶポイントは、天然葉酸か合成葉酸かだけではなく、商品全体を捉えて、自分がどれだけ理解、納得できるかということではないかと思います。

そして国は国全体の問題なので、課題をはっきりさせ国民を惑わせないようにするべきです。

個人的には?


葉酸サプリ比較研究所

どちらに対しても個人的な見解はありますので、天然葉酸と合成葉酸(化学合成/合成)について述べておきたいと思います。  葉酸ではなく、総合栄養としての補助食品であれば、あるがままの食品を使用した方を好むと思います。

栄養素そのものと言うより、食品として足りないものを食べる気持ちで補うことを目的とするからです。微細に含まれている栄養素を補うために、どれほど多くの食品が必要なのか考えると、個人的過ぎるかも知れませんが、本末転倒のような気がします。

廃棄物がなければ良し、あるならばどのように処理をしているのか、または再利用が可能かなどについて、企業の姿勢として公表して欲しいものです。 また、本当必要な栄養素ばかりではなく、多くの栄養素が配合され過ぎているように感じます。

合成葉酸については、原料について厚生労働省は言及していないのでしょうか? 石油らしき原料から抽出されることに対して、特に注意を促すことがないのならば、安全とのお墨付きを与えているとも言えますが、葉酸とだけ明記すれば良いという規則をたてに、商業主義に走りすぎのようにも感じます。

なぜなら、化学合成ではなく公表しても差しさわりのない、微生物や酵母から抽出しているメーカーもあるからです。厚生労働省がどこまで言及しているかは別として、葉酸の目的を考えると、メーカーのスタンスとして安全性が最優先だからです。

ユーグレナ(ミドリムシ)のように、自然界には研究・開発の気持ちにこたえる、有用な物質がたくさんあるように思いますので、健康食品や薬剤を扱うメーカーの考え方次第で、石油から作っているなどと情報合戦しなくて済むのではないでしょうか?

しかし合成葉酸には、消費者が使いやすい利点がたくさんあります。 原料のばらつきを気にせず、いつでも同品質で製造できるので、毎日の栄養素として欠かせない葉酸には適していると言えます。

また飲みやすく小粒にしたり、くせのない味や気になる色などにも配慮できるので、つわりの時期にもかなり飲みやすいと思いますし、大半の人が使いやすい商品だと思います。

お勧めできるサプリメントランキング

葉酸サプリ比較研究所は専門家の意見を参考に以下の項目を重視して妊活中、妊娠中にお勧めできるサプリメントを市場調査しました。優れた評価から順にS、A、B、C、D、Eの6段階評価で採点しております。
不要な成分は入っていないか?
(協力:栄養士10名へのアンケート結果)
葉酸以外に入っている成分のバランスは良いか?
(協力:栄養士10名へのアンケート結果)
誇大にHP上で紹介していないか?
(協力:薬事法対策研究会によるサイトチェック)
粒の大きさ、においなどの飲みやすさは考えられているか?
(協力:出産経験者50名によるアンケート)
安全性は確保されているか?
(協力:栄養士10名へのアンケート結果)
その他、購入者が満足できるサービスと運営しているか?
(協力:出産経験者50名によるアンケート)
1POLEPOLE葉酸サプリ「POLEPOLE葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「POLEPOLE葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

妊娠出産経験のある管理栄養士さんが監修している為、葉酸とオメガ3のセット商品は共感が持てますね。完璧に成分数値を計算していて「余計な成分を入れたくない」等のコンセプトはとても信頼性があります。さらに一般女性の経口摂取量を考慮し「モノグルタミン型葉酸を420μg」配合。推奨基準に合った吸収を目的にしっかり設計。摂取量が多くなっても水溶性ビタミン葉酸なので不要な分は体外へ排出されので安心ですね。

 
無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
B A A A A A
総合評価 A 詳細はこちら
2女性100人の声から生まれた葉酸サプリ「女性100人の声から生まれた葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「女性100人の声から生まれた葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

女性100人の声から生まれた葉酸サプリは、創業46年の知識と経験、お客様目線での品質改善、とても素晴らしい商品です。さらにサポート体制までしっかりしており、葉酸についての正しい知識をしっかりと説明し、妊活~出産までの間、少しでもお客様の不安とリスクを減らしたい!というメーカーの姿勢が感じ取れました。生まれてくる大切な赤ちゃんのために、きちんと考え抜かれた商品を選ぶことがお母さんになる第一歩ですね!

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
A A A A B A
総合評価 A 詳細はこちら
3ベルタ葉酸サプリ「ベルタ葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「ベルタ葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

ベルタ葉酸はリニューアルをして天然型酵母葉酸100%を明記していますが、そもそも「酵母葉酸」とは?合成葉酸を酵母で醗酵培養させた事を指すようです。「モノグルタミン酸型」を採用しており吸収率は「ポリグルタミン酸型」の約2倍です。さらに特徴として「イノシトール」の配合は見逃せないですね。理由は赤ちゃんのダウン症を防ぐのにイノシトールが有効とされていて、これを配合しているところは多くないようです。栄養成分がたっぷりで飲みやすさ、安全性、美容成分もツバメの巣、ヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲン他を配合しています。

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
B A A A B A
総合評価 A 詳細はこちら
4ママニック葉酸サプリ「ママニック葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「ママニック葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

安心してはじめる為の「15日以内の返金保証」が特徴です。200人の女性からアンケートを取って葉酸の必要性以外にも鉄分やカルシウム、ビタミン・ミネラルなど必要な栄養成分が絶妙なバランスで配合されている。また厚生労働省が推奨している「モノグルタミン酸型の葉酸」を採用しており吸収率がポリグルタミン酸型の葉酸と比較すると2倍も違いがあるとは驚きですね!さらに放射能試験、残留農薬試験を行っており、製造もGMP取得した工場で行っているとは安心です。

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
B A A B A A
総合評価 A 詳細はこちら
5パティ葉酸サプリ「パティ葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「パティ葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

数ある葉酸サプリの中でも、パティ葉酸サプリは無添加で余計な成分をいれず、また配合された成分も品質チェックで認定された物だけを使用しているので、安心して飲む事ができそうですね!ママと赤ちゃんに欠かせない、鉄分・カルシウム・ビタミン・ミネラルをバランス良く摂取できるので、妊活時の強い味方になってくれることでしょう。

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
A B B B A A
総合評価 B 詳細はこちら
6オーガニックレーベル葉酸サプリ「オーガニックレーベル葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「オーガニックレーベル葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

オーガニックレーベルの葉酸は、管理栄養士の「五十嵐ゆかりさん」と美容・健康のスペシャリスト「Maikoさん」プロデュースされている商品です。葉酸の原料ですが、オーガニックレーベルは100%オーガニックのキヌアスプラウトで天然原料100%・完全無添加処方を採用。

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
A A A B B B
総合評価 B 詳細はこちら
7食べる葉酸・カルシウム「食べる葉酸・カルシウム」葉酸サプリ比較研究所

「食べる葉酸・カルシウム」葉酸サプリ比較研究所

妊娠中の女性にうれしい成分「葉酸」と「カルシウム」をこれ1つで摂取できるのは嬉しい!お財布にも優しくヨーグルト風味なので、妊活が終わってからも家族みんなで健康の為に摂取しても牛乳や魚が苦手な方でもこれなら2粒で牛乳瓶約1.5本分のカルシウムが手軽に摂れますね!

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
B B A B B A
総合評価 B 詳細はこちら
8美人貯金LOVENESS「美人貯金LOVENESS」葉酸サプリ比較研究所

「美人貯金LOVENESS」葉酸サプリ比較研究所

葉酸と、JAS認定農家が農薬を使用せず栽培したマカを同時に摂取できるサプリメントです。シンプルなパッケージなので気軽に、手軽に場所を選ばず飲むことができそうです。マカ、ビタミンE、ビタミンBなど、妊活には欠かせない栄養素をトータルに配合されていますが、全成分の表記が記載されていなかったのが残念です。

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
C B B B B B
総合評価 C 詳細はこちら
トップに戻る