葉酸サプリ比較研究所

葉酸と妊娠 〜出産後〜

葉酸サプリ比較研究所

出産が無事に済み、赤ちゃんが元気に生まれてきたら、それで葉酸の仕事は終わりなのでしょうか?

出産後の葉酸は、赤ちゃんに対してのお母さんとしてだけでなく、女性の再スタートに大きな役割を持っています。

授乳をスムーズにする


私たちはこの世に誕生してからずっと、細胞分裂を繰りかえしながら生きています。特に赤ちゃんは猛スピードで成長していくので、葉酸が不足すると成長不足になってしまいます。
母乳の赤ちゃんはお母さんの母乳から、ミルクの赤ちゃんはミルクに含まれている葉酸から成長に必要な成分を補給しています。

生まれたばかりの赤ちゃんはこまめに少しずつ母乳を飲みますが、大きくなるにつれて回数は減りますが一回の量がぐんぐんと多くなります。
母乳がたくさん出てしっかり飲ませてあげられるように、お母さんが葉酸をしっかり摂取することが大切で、それは母乳育児を選んだ母親の責任でもあります。

お母さんのからだの保護


母乳育児を選んだお母さんの体を守るためにも、葉酸は欠かせない栄養素なのです。

母乳は血液から作られるので、母乳を作るためにお母さんはたくさんの血液を消費してしまいます。

葉酸が不足すると赤血球を順調に作ることができず、悪性貧血をおこしてしまうことがあります。

また出産後は子宮の変化などで、体力的に弱っていることもあり葉酸はお母さんの回復力を高めるのに役立ちます。
葉酸は出産後のからだのケアにも必要な栄養素ですから、積極的に摂取することで、妊娠前の元気なからだをスピーディに取り戻すことができます。

貧血の解消と予防


言うまでもないと思いますが、妊娠・出産・産後に関わる女性の大敵は貧血です。受精卵から赤ちゃんをつくり、育て、産み、母乳育児であれば母乳の大量生成・消費…とにかくこの期間、女性の体内では血液が大量に生成され消費されています。
もちろん出産の際の出血まで考えると、よくぞこれまでの働きを一人のからだで可能なものだと、感嘆するばかりです。

葉酸はもともとが悪性貧血などの治療薬として発見されたビタミンなので、この大事業を支えて完了させる大きな働きをしてくれますが、お母さん本体が空っぽになってはなりませんので、産後もしっかりと必要な葉酸を取り続けましょう。

抜け毛の防止


出産後気になることのひとつに『抜け毛』があります。葉酸は産後の抜け毛対策にも良いとも言われていますが、どうしてなのか?
産後の抜け毛の原因と葉酸の働きについて調べてみました。

①出産後の女性ホルモンのアンバランス

女性ホルモンには2種類あり、どちらも妊娠・出産に関して子宮の働きを活発にさせて、妊娠する上で良い環境を整えると言う、とても大きな役割を持っています。
またそれぞれに髪の毛の成長を促したり、肌に弾力やツヤを与えたり、精神を安定させるなどの働きをしているので、髪が艶やかで豊かになったり、肌がきれいになったり、穏やかな気持ちで暮らせたりするのです。
ところが妊娠中に多量に分泌していた分、産後は一気に分泌が少なくなってしまいます。

こうしたホルモンバランスの崩れで抜け毛が生じ、肌荒れを起こしたり、精神的に不安定な状況ができてしまうのです。
ホルモンがバランス良く分泌されて、ストップしていた髪の毛が生成され、これらの症状が改善するには2~3ヶ月を要しますが、1年後でも回復しない場合もあります。

②栄養不足による抜け毛

お母さんのからだは、妊娠中は胎児に栄養を補給し、出産後も特に母乳育児の場合は、補給するために、どうしても本人が栄養不足になってしまいがちです。
産後の母体のダメージを回復させるために、栄養が子宮などに行き渡ることが多くなり、最後に栄養が行き渡る末端の髪の毛や爪にはほとんど栄養が届きません。
このような状態では、髪の元になる栄養が不足しますし、細胞を活性化させることができないために、丈夫な髪の毛が生えずに抜け毛が生じてしまうのです。

③抜け毛の防止・回復

産後は抜け毛には以上のように2つの原因が考えられますが、実は葉酸の摂取によって抜け毛を防ぎ、効果的に毛髪を増やすことが可能なのです。

 1.葉酸はたんぱく質の代謝に働きかけ、髪の毛の栄養分を合成します。

 2.葉酸は造血作用で血行を促進し、頭髪に栄養分を運びます。

 3.葉酸は髪の毛を生み出す細胞に作用し、細胞分裂を促して髪の毛を生み出します。

産後の肌の手入れに必須


葉酸が美容や健康に果たす効果は、妊娠している女性に限った訳ではありません。
性別や状況を問わず、誰にでも効果的な栄養素ですが、特に長い妊娠期間を経て出産を経験する女性は、わかっていても特に肌の手入れなど、自分のことは手抜きしてしまいがちです。
でも女性は誰しも、肌と心がつながっていることを知っています。

葉酸が美容に果たす役割を改めて確認することで、現在あまり積極的に葉酸を摂取していないと感じる妊婦さんや産後のお母さんも、これから始めてみて下さい。
葉酸はいつでも決して遅いと言う事はなく、気付いたら飲み始めれば良いのです。葉酸が肌を美しく保つのにどうして大切なのか、理由はいくつかあります。

美肌効果に必須のビタミンB


①タンパク質の合成

葉酸の働きのひとつにタンパク質の合成がありますが、この働きが美しい肌に深くく関わっています。タンパク質の新陳代謝をよくすることで、細胞分裂のスピードを速め、若々しいお肌になるということです。
肌の新陳代謝は、20代では月の満ち欠けと同様に28日周期ですが、それ以降はどんどん遅くなり、残念ですが50代では75日とも言われています。タンパク質の合成で新陳代謝のスピードが速まれば、肌の生まれ変わりも速くなりきれいな肌になるのです。

②血行を良くする

造血作用で赤血球が順調につくられることで血液の色がきれいになり、顔色も美しくなります。赤血球が不足している肌は、暗くくすんでみえます。
また血流が良くなると老廃物が滞らず流れるようになりますので、腸内環境が良くなり便秘の解消や消化吸収の働きが良くなります。

美肌の秘訣のひとつは健康な腸にもありますので、腸内がきれいになれば化粧のりが悪いなどの不満が解消されます。
肌のハリがなくなったりくすみが気になる、化粧しても映えないと感じていたら、それは葉酸不足かもしれません。ちょっと地味ですが、この素晴らしい働きをしてくれる葉酸に注目して欲しいですね。

ただ葉酸はビタミン12と一緒に働いて力を発揮するので、食物から摂る場合は、葉酸を含む食品とビタミンB12を含む食品を同時に摂取しなければ
効果が期待できません。毎日の食事案が大変な場合は、ビタミンB群を配合したサプリメントを利用すれば、必要な栄養素を効率よく取り込めることになります。

マタニティブルー/産後うつの予防


マタニティブルーや産後うつは一見して他の人に分かってもらえない、自分さえも確かに把握できないような心の悩みが起こしているといえます。マタニティブルーと産後うつは症状は似ていますが、実は違うものです。
症状の違い、予防、対処法、治療法などを紹介します。

①マタニティブルー

女性は妊娠すると、ホルモンバランスの変化で「マタニティブルー」と言われる、精神的に不安定な状態に襲われることがありますが、出産直後にも同様に「一時的なうつ状態」になり、本人は何も気づかず気持ちや行動が変化することがあります。
出産後のこの状態もマタニティブルーと言いますが、一過性の状態であり病気ではありません。
原因
赤ちゃんがおなかにいるうちは、戸惑いながらも自分なりにコントロールして出産を迎えますが、赤ちゃんとして世の中に表れた瞬間から、わが子はことばもなくあらゆる条件を保護者に突き付けます。
おなかがすいた、眠い、うんちが出た、何だか気分が良くない、おっぱいが出なくて腹が立つ・・・これらを泣くだけで伝えてきます。
やっと出会えた我が子ですからかわいいはずなのに、その気持ち以前にあれもこれも一度に押し寄せ、何をどうしたら良いかわからなくなって、ちょっとパニックになります。

妊娠中には大量に分泌されていたホルモンが減ったり、分泌が止まったりする急激な変化に、からだと心がついていけないことも大きな原因です。
出産直後からおきますが、特に何もしなくても2週間ほどで治まる人がほとんどです。特に初産のお母さんが経験しますが、誰もが経験する正常な反応ともいえます。
症状を軽くしたり早く治すには
・まず、葉酸を愛用しているならば出産後も服用を続けることです。
葉酸の働きはいろいろありますが、神経細胞に直接働きかける栄養素なので、心とからだがばばらになりそうな時、気持ちを落ち着かせる作用があります。また葉酸を飲んでいるという安心感が及ぼす効果も見過ごせません。赤ちゃんが何を望んでいるのか、自分がどう動けばよいのか、少し冷静に考えられると思います。

・誰でも通る道
家族や友人の中で経験者がいれば、自分だけが困っているのではない、私たちもそうだった、少しずつ慣れていけば良い、などと伝えてあげるのも、効果的です。
やさしさのこもった言葉と暖かさがお母さんに届き、心とからだが寄り添うようになれば、薄皮がはがれるように自然に落ち着いていきます。

②産後うつとは?

産後うつは出産後1ヶ月頃の、授乳期のお母さんが襲われやすい病気です。赤ちゃんとの生活にほんの少し慣れてきた頃に、自分のやっていることが間違っているのではないか、自分はだめな母親なのではないかなどと、自分を責めるようになります。

長い期間おなかで育てて、痛みと苦しみで心身がぎりぎりの思いで出産した、かわいい我が子なのに、かわいく感じない、世話をしたくない、母乳のお母さんは痛いから飲ませたくない、誰もわかってくれない、やることがあるのに泣くからやれない、どうして自分だけこんなつらい思いをしなければならないの?などの気持ちで心身ががんじがらめになってしまします。

イライラしたり泣き出したりと、感情の起伏が激しくなり、育児だけではなく家事や人間づきあいなど、日常生活にも支障をきたすようになります。
産後うつの原因は?
待ちに待った赤ちゃんに会えて、うれしくてたまらないはずなのに、また長い妊娠期間中に生れてからの大変さは想像してきたはずなのに、実際は頭で考えていたよりずっと大変で、わからないことばかり、と言う精神的負担がまず大きいのです。
身体的負担もこれまでには考えられなかったような、過酷なものです。

産後はホルモン分泌の急激な変化で精神的に不安定な上、特に核家族の場合は産後のからだの回復を待たずに、家事や育児をしなければなりません。赤ちゃんはお母さんの都合などお構いなしに、やって欲しいことを泣いて求めてきます。
無理を重ねているので、からだは疲れ睡眠も十分にとれなくなり、ましてや自分の自由になる時間などありません。

気持ちもからだもぼろぼろの時に、楽天的なプラス思考が生れるはずもなく、きちんとやれないのは、自分の能力不足だと悩み、自分は価値のない人間だと思い込むようになります。特に赤ちゃんは「泣くのがしごと」と言われるほど、何につけても泣きますが、泣き止まないのは自分が悪い母親だから、などと思い込んで罪悪感を感じます。
マイナス思考で、自分は子どもを愛せないのではないか、このまま自分はだめになってしまうのではないかと考え、赤ちゃんにあたるようになったりするのです。
産後うつにならない/軽くするてだては?
産後うつは、多くのお母さんが経験することですが、ほとんどは育児に支障をきたさない程度の、軽症かやや中級程度で乗り越えていきます。
産後うつを発症しない、または軽く乗り越えていくにはどうしたら良いか、いくつか考えられることがあります。

・パートナーの理解と協力が何と言っても一番です
妻(お母さん)が長い妊娠期間を頑張って耐えている間、一般的には夫(お父さん)も女性の変化や苦労を理解し、協力しようと努めてくれているのですが、赤ちゃんが誕生して外見だけ元通りになると、心配りがおろそかになりがちです。
身体的には外見も内部も大きく変わって回復待ち、その上ちいさな赤ちゃんがいて、環境ががらりと変わったことに伴い、精神的にいっぱいいっぱいのお母さんのことを考えてあげて欲しいのです。

企業での仕事は重要であり、家族のためにも大切なことはわかりますが、間違っても、自分の仕事と家事育児を比較して、口に出したりしないで下さい。
家事育児は生きていくために、基本的に必要なことであり、職場はそれを支える手段ですから、どちらが崇高だのと比較できる次元のものではないからです。

日中はそれぞれの責任を果たし、パートナーはできるだけ早く家庭に帰り、二人が家庭にいる時間は二人が揃って家庭人であろうと努力してください。
温かい思いやりが伝われば、例えばにつたない家事育児であっても、お母さんの心は感謝の気持ちで満たされて、マイナス思考で落ち込むなんてなくなります。
そして「ありがとう、感謝しているよ!」「これは自分でやるよ」「ちょっと休んでて良いよ」の言葉は、何よりの癒しの特効薬なのです。

・家族もフォローしてあげて
同居していてもいなくても、家族のフォローも大切なことです。
信頼できる家族の誰かが、ときどき甘えさせて休ませてあげてください。
話を聞いて同意してあげ、赤ちゃんを預かって、昼寝や買い物、美容院など、自分が自由に使える時間を作り出してあげて欲しいのです。

お母さんや姉妹に預かってもらうのは、心から安心できますので、短くても充実した自由時間を過ごすことができれば、ストレスを持ち越さず前に進むことができます。
また家族は、自信を喪失して自己嫌悪に陥りがちなお母さんが、自己を肯定する気持ちや自尊感情を取り戻すお手伝いができます。
家族と触れ合いながら、自分は大切な家族の一員であり、みんなから愛されていることを再認識することで、自分も家族への愛情を取り戻すことができます。

・葉酸を飲み続けてください
葉酸はやはり飲み続けてください。
繰り返しますが、葉酸は私たちの神経細胞に直接働きかけて、心の安定を保つために力を発揮しますし、うつ病に対する研究結果でも、その効果が発表されています。
うつ病の原因になる、ホルモンのアンバランスを修正して、早く正常な分泌が行われるように働きかけ、子宮の回復を助け、睡眠不足による不安を解消し、あらゆる方法で産後のお母さんをケアします。
軽度の症状で治まらない場合
いろいろと産後ケアを続けても症状が治まらない場合は、病気と考えて治療を受けなければなりません。
不安感が異常が強く、何をするにも億劫に感じるほど心身の疲労が激しい場合、また子どもへの愛情を確信できず、子育てそのものを放棄したい衝動に駆られるなどの場合は、早めに専門機関で治療しましょう。

治療方法は症状に合わせて、二通り考えられます。

・産婦人科や地域の子育て支援センターで相談する
産婦人科の医師は数多い患者を診てきているので、経験が豊富で適切なアドバイスが望めると思います。子育て支援センターでも経験豊かな先輩相談員が親身になって話を聞いてくれますし、自分と同じ困難にぶつかっている、お母さん仲間が訪問している可能性がありますので、互いに心の内を話し合えるのは心強いものです。

子どもが生れてすぐに完璧な育児のできる、「生まれながらの完璧お母さん」なんて存在しないのに、ほかの人はやっているんじゃないかと言う強迫観念に囚われて、支援センターに集まってくるお母さんたちが、実はそうではない、自分は普通なんだと思うことが、産後うつを克服する大きな一歩なのです。

・それでもなかなか回復しない場合は、専門の医療機関で治療を受けましょう。
心療内科・精神科の受診に対して、今も何となく抵抗を感じる人もいると思いますが、タイミングを逸すると一過性の「産後うつ」ではなく、うつに移行してしまう恐れがあります。

診療内科・精神科での治療は、主にカウンセリングと投薬治療の二点を行います。
一般的に心療内科・神経科にはカウンセリング科が併設されており、カウンセラーが悩みを聞きだしてくれます。
また一種の自己催眠方である自律訓練法の練習をして、精神の安定を図る治療を取り入れているところもあるようです。
わずかな時間で全身をリラックスさせることができ、心身の疲れがいやされるようです。

投薬治療は医師とよく相談して進めていくようにして下さい。
母乳育児をしているお母さんは、特に不安だと思いますが、薬によっては大丈夫なものがありますので、母乳に対する影響についてよく確認をして下さい。
投薬の場合もう一点の注意点は、自己判断で薬の増減を決めないと言うことです。
却って回復を遅らせてしまいますので、どんなことでも医師と良く話し合ってください。

・葉酸を飲み続けてくださいください
葉酸は産後うつの予防だけではなく、改善にも大きな期待が寄せられていますし、実際の検査結果でも効果が報告されています。
海外での報告だけではなく、数は少ないですが日本国内の調査でも同様な効果が報告されています。
それによりますと次のような効果が報告されています。

1.葉酸は、脳の神経系に働きかけて、気持ちをリラックスさせたりメンタルを安定させる。
2.抗うつ剤の使用で6割程度の効果だった人が、葉酸を追加摂取したら9割にあがった。
3.うつ病患者さんの1ヶ月の食事を調査したところ、およそ8割のひとが葉酸不足
4.心療内科では、抗うつ剤だけではなく葉酸の摂取もすすめるところが多くあります。
5.葉酸を日ごろから摂取している人は、摂取の少ない人と比較してうつ病の症状がみられなかった。

葉酸はビタミンMとも言われますが、MはメンタルのMとのこと。
近年は妊娠初期に必要なビタミンとの役割が目立ちますが、葉酸はそれ以前に私たちの精神面を支えるのに有効な物質だと示されていたことがわかります。
余談ですが、お父さんも・・・
妊娠・出産による女性の、心身の変化や適応力についていろいろ話してきましたが、実は変化するのは女性だけではなく、男性もお父さんに変化していきます。

女性の身体は授乳のために、脳下垂体と子宮からプロラクチンというホルモンが分泌されますが、出産が近づくと男性も少しですが脳からプロラクチンが分泌されます。
そのため目には見えませんが、性格が「丸くなった」と言われるようになります。
これは子どものために「父親」になろうとする男性の心身の変化であり、良好な親子関係を育てる上で大きな力となります。

こういう理解の上に立てば、頑張っているお母さんとの滑らかな関係が築けるでしょう!

お勧めできるサプリメントランキング

葉酸サプリ比較研究所は専門家の意見を参考に以下の項目を重視して妊活中、妊娠中にお勧めできるサプリメントを市場調査しました。優れた評価から順にS、A、B、C、D、Eの6段階評価で採点しております。
不要な成分は入っていないか?
(協力:栄養士10名へのアンケート結果)
葉酸以外に入っている成分のバランスは良いか?
(協力:栄養士10名へのアンケート結果)
誇大にHP上で紹介していないか?
(協力:薬事法対策研究会によるサイトチェック)
粒の大きさ、においなどの飲みやすさは考えられているか?
(協力:出産経験者50名によるアンケート)
安全性は確保されているか?
(協力:栄養士10名へのアンケート結果)
その他、購入者が満足できるサービスと運営しているか?
(協力:出産経験者50名によるアンケート)
1POLEPOLE葉酸サプリ「POLEPOLE葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「POLEPOLE葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

妊娠出産経験のある管理栄養士さんが監修している為、葉酸とオメガ3のセット商品は共感が持てますね。完璧に成分数値を計算していて「余計な成分を入れたくない」等のコンセプトはとても信頼性があります。さらに一般女性の経口摂取量を考慮し「モノグルタミン型葉酸を420μg」配合。推奨基準に合った吸収を目的にしっかり設計。摂取量が多くなっても水溶性ビタミン葉酸なので不要な分は体外へ排出されので安心ですね。

 
無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
B A A A A A
総合評価 A 詳細はこちら
2女性100人の声から生まれた葉酸サプリ「女性100人の声から生まれた葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「女性100人の声から生まれた葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

女性100人の声から生まれた葉酸サプリは、創業46年の知識と経験、お客様目線での品質改善、とても素晴らしい商品です。さらにサポート体制までしっかりしており、葉酸についての正しい知識をしっかりと説明し、妊活~出産までの間、少しでもお客様の不安とリスクを減らしたい!というメーカーの姿勢が感じ取れました。生まれてくる大切な赤ちゃんのために、きちんと考え抜かれた商品を選ぶことがお母さんになる第一歩ですね!

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
A A A A B A
総合評価 A 詳細はこちら
3ベルタ葉酸サプリ「ベルタ葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「ベルタ葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

ベルタ葉酸はリニューアルをして天然型酵母葉酸100%を明記していますが、そもそも「酵母葉酸」とは?合成葉酸を酵母で醗酵培養させた事を指すようです。「モノグルタミン酸型」を採用しており吸収率は「ポリグルタミン酸型」の約2倍です。さらに特徴として「イノシトール」の配合は見逃せないですね。理由は赤ちゃんのダウン症を防ぐのにイノシトールが有効とされていて、これを配合しているところは多くないようです。栄養成分がたっぷりで飲みやすさ、安全性、美容成分もツバメの巣、ヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲン他を配合しています。

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
B A A A B A
総合評価 A 詳細はこちら
4ママニック葉酸サプリ「ママニック葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「ママニック葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

安心してはじめる為の「15日以内の返金保証」が特徴です。200人の女性からアンケートを取って葉酸の必要性以外にも鉄分やカルシウム、ビタミン・ミネラルなど必要な栄養成分が絶妙なバランスで配合されている。また厚生労働省が推奨している「モノグルタミン酸型の葉酸」を採用しており吸収率がポリグルタミン酸型の葉酸と比較すると2倍も違いがあるとは驚きですね!さらに放射能試験、残留農薬試験を行っており、製造もGMP取得した工場で行っているとは安心です。

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
B A A B A A
総合評価 A 詳細はこちら
5パティ葉酸サプリ「パティ葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「パティ葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

数ある葉酸サプリの中でも、パティ葉酸サプリは無添加で余計な成分をいれず、また配合された成分も品質チェックで認定された物だけを使用しているので、安心して飲む事ができそうですね!ママと赤ちゃんに欠かせない、鉄分・カルシウム・ビタミン・ミネラルをバランス良く摂取できるので、妊活時の強い味方になってくれることでしょう。

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
A B B B A A
総合評価 B 詳細はこちら
6オーガニックレーベル葉酸サプリ「オーガニックレーベル葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「オーガニックレーベル葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

オーガニックレーベルの葉酸は、管理栄養士の「五十嵐ゆかりさん」と美容・健康のスペシャリスト「Maikoさん」プロデュースされている商品です。葉酸の原料ですが、オーガニックレーベルは100%オーガニックのキヌアスプラウトで天然原料100%・完全無添加処方を採用。

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
A A A B B B
総合評価 B 詳細はこちら
7食べる葉酸・カルシウム「食べる葉酸・カルシウム」葉酸サプリ比較研究所

「食べる葉酸・カルシウム」葉酸サプリ比較研究所

妊娠中の女性にうれしい成分「葉酸」と「カルシウム」をこれ1つで摂取できるのは嬉しい!お財布にも優しくヨーグルト風味なので、妊活が終わってからも家族みんなで健康の為に摂取しても牛乳や魚が苦手な方でもこれなら2粒で牛乳瓶約1.5本分のカルシウムが手軽に摂れますね!

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
B B A B B A
総合評価 B 詳細はこちら
8美人貯金LOVENESS「美人貯金LOVENESS」葉酸サプリ比較研究所

「美人貯金LOVENESS」葉酸サプリ比較研究所

葉酸と、JAS認定農家が農薬を使用せず栽培したマカを同時に摂取できるサプリメントです。シンプルなパッケージなので気軽に、手軽に場所を選ばず飲むことができそうです。マカ、ビタミンE、ビタミンBなど、妊活には欠かせない栄養素をトータルに配合されていますが、全成分の表記が記載されていなかったのが残念です。

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
C B B B B B
総合評価 C 詳細はこちら
トップに戻る