葉酸サプリ比較研究所

葉酸と妊娠

葉酸サプリ比較研究所

葉酸は「赤ちゃんのビタミン!!」

葉酸は私たちの健康を維持する上でとても大切な栄養素ですが、特に妊活中や妊娠中の女性にとっては、産後にいたるまで欠かすことのできない栄養素です。 受精卵や胎児の急激な細胞分裂を促進し、DNAの間違った伝達を防ぐなど、さまざまなリスクを回避するために必要な栄養素であることから、「赤ちゃんのビタミン」とも言われます。

遺伝子本体ともいえる核酸の成分である「プリン核」や、「ピリミジン核」の合成にたずさわる酵素を補助する補酵素(助酵素)として、受精卵の細胞分裂と胎児の成熟に重要な働きをするからです。

「大丈夫でした?」「普通でした?」「どうして?」と思うほどの大きな苦しみの中で赤ちゃんを送り出した瞬間、お母さんは看護師さんや助産婦さんに無意識のうちにそうたずね、「大丈夫ですよ」と返事が返る。 苦しいけれど、最高に幸せなこの瞬間を無事に迎えられるように、葉酸の働きは赤ちゃんとお母さんを守り続けるのです。

ここからは具体的に期待される効果について説明します。

妊娠前(妊活中)

健康な卵子を育てる


良い妊娠を望むには、健康で良い卵子の受精が第1条件であり、良い卵子が育つには卵胞を大きくして卵子の発育を助けることです。排卵の質を上げることが、良い妊娠につながるのです。
卵子は女性が生まれた時からずっと持ち続けるので、年齢とともに古くなって機能が衰えていきます。良い卵子を排卵するには栄養の卵子を育てる必要があります。
葉酸は血行不良の原因になる物質の濃度を下げて血行を良くし、卵胞を大きく育てますので、中の卵子が大きく健康に育ちます。

卵巣の働きを良くする


葉酸には血液を増やす「造血作用」があるので、血液の量が増えて代謝と血行が良くなります。血行が良くなるとからだの冷えが解消され、女性ホルモンの分泌が活発になりますが、それは卵巣の機能が高まることになり、それによって卵子の質を落とさず保つことができます。

子宮内膜を厚く健康にする


受精卵が子宮に着床して初めて妊娠が確定するのですが、着床するのは子宮内膜のひだの部分で、子宮内膜が厚くて柔らかだと妊娠しやすくなります。
子宮内膜が薄いと妊娠しにくいのですが、子宮内膜が厚くならないのは卵胞ホルモンの分泌が良くないからです。

続きは「妊娠前(妊活中)から有効な葉酸の働き」でご覧いただけます。

妊娠中

胎児の先天性以上のリスクを抑える


葉酸サプリ比較研究所

葉酸が良い妊娠に必要とされる理由のもっとも大きいものは、赤ちゃんが先天性の病気を持って誕生することのリスクを下げようというものです。

時期的には妊娠中というより、妊娠が確定しない受精卵から妊娠初期に、葉酸の栄養が十分に摂れているか不足しているかで、発生リスクに差があると言われています。

この時期から摂取することで、神経障害児の出生リスクを70%も軽減できるとされています。研究や症例から、神経系の障害としてさまざまな病気が上げられますが、よく知られている病名には下記のようなものがあります。

①神経管閉鎖障害(二分脊椎)

先天性の病気で、本来は皮膚や骨におおわれている脊髄が、背中に露出した形になっていて、生後2~3日で手術しなければなりません。
合併症として、水頭症・歩行障害その他神経系の障害が発生し、生涯にわたって治療を続けなければなりません。

②無脳症

胎児の脳や脊髄がうまく形成されず、脳が全くないか、大部分が欠損している症状です。
生命維持の役割を果たす脳幹が欠損していることも多く、発症した胎児は死産が多く、出産したとしても、一週間以上生存することが難しいです。

③先天異常児(奇形児)

奇形や代謝等の機能異常を持って生まれてくる赤ちゃんのことで、多くは女性が自分が妊娠していることに気づく以前に発生します。
原因ははっきりしていませんが、放射能・薬剤・飲酒・遺伝性などがあげられます。ただ回避できるリスクもあるので、妊娠前からの知識と意識が必要なのです。

④ダウン症(ダウン症候群)

染色体の突然変異によって起こり、通常、21番目の染色体が1本多くなっていることから「21トリソミー」とも呼ばれます。この染色体の突然変異は誰にでも起こり得ますが、胎内環境がよくないと流産しやすくなると言われています。

葉酸はDNA合成に必要不可欠な栄養素なので、アメリカでは妊娠前から「葉酸」をしっかり摂取することがダウン症発症リスクを抑えると考えられていますが、日本では関連づけられていません。「どっちなの?」と神経をとがらせるより、いずれにしても葉酸をしっかり摂ることが大切なのだと考えましょう。

⑤自閉症

自閉症とは生まれつき脳の機能がうまく働かないため、3才以前の早期に症状が現れ、その困難さが生涯に渡って続く発達障害です。
原因として遺伝の確率は低く、それよりも“妊娠中など赤ちゃんが置かれる環境による活性酸素が原因で、脳の神経細胞が破壊されて発達障害を起こすとの見方が強いです。

活性酸素は飲酒や喫煙での発生が非常に高く、妊娠に関しては絶対に避けて欲しい趣向品です。なお葉酸の摂取は、発症リスクを半減させると言われています。

胎児の成長をサポートする


子宮は人間の機関の中で最も伸縮自在な筋肉で、胎児の成長によってその大きさを変えていきますし、出産時は容器に例えると妊娠前の2000倍から2500倍もの大きさになります。
また出産時には長時間の陣痛に耐えるなど、疲れにくくてタフな筋肉です。

健康な子宮は不安定な受精卵をしっかり支えて保護をし、胎児として正常に育っていくことをサポートします。葉酸は血行促進やタンパク質の合成作用などによって、子宮を強く健康にしますので、胎児の正常な成長に欠かすことのできない栄養素なのです。

続きは「妊娠中に期待される葉酸の効果」でご覧いただけます。

出産後


葉酸サプリ比較研究所

出産が無事に済み、赤ちゃんが元気に生まれてきたら、それで葉酸の仕事は終わりなのでしょうか?

出産後の葉酸は、赤ちゃんに対してのお母さんとしてだけでなく、女性の再スタートに大きな役割を持っています。




授乳をスムーズにする


私たちはこの世に誕生してからずっと、細胞分裂を繰りかえしながら生きています。特に赤ちゃんは猛スピードで成長していくので、葉酸が不足すると成長不足になってしまいます。
母乳の赤ちゃんはお母さんの母乳から、ミルクの赤ちゃんはミルクに含まれている葉酸から成長に必要な成分を補給しています。
生まれたばかりの赤ちゃんはこまめに少しずつ母乳を飲みますが、大きくなるにつれて回数は減りますが一回の量がぐんぐんと多くなります。
母乳がたくさん出てしっかり飲ませてあげられるように、お母さんが葉酸をしっかり摂取することが大切で、それは母乳育児を選んだ母親の責任でもあります。

お母さんのからだの保護


母乳育児を選んだお母さんの体を守るためにも、葉酸は欠かせない栄養素なのです。

母乳は血液から作られるので、母乳を作るためにお母さんはたくさんの血液を消費してしまいます。
葉酸が不足すると赤血球を順調に作ることができず、悪性貧血をおこしてしまうことがあります。また出産後は子宮の変化などで、体力的に弱っていることもあり葉酸はお母さんの回復力を高めるのに役立ちます。

葉酸は出産後のからだのケアにも必要な栄養素ですから、積極的に摂取することで、妊娠前の元気なからだをスピーディに取り戻すことができます。

貧血の解消と予防


言うまでもないと思いますが、妊娠・出産・産後に関わる女性の大敵は貧血です。

受精卵から赤ちゃんをつくり、育て、産み、母乳育児であれば母乳の大量生成・消費…とにかくこの期間、女性の体内では血液が大量に生成され消費されています。
もちろん出産の際の出血まで考えると、よくぞこれまでの働きを一人のからだで可能なものだと、感嘆するばかりです。

葉酸はもともとが悪性貧血などの治療薬として発見されたビタミンなので、この大事業を支えて完了させる、大きな働きをしてくれますが、お母さん本体が空っぽになってはなりませんので、産後もしっかりと必要な葉酸を取り続けましょう。

抜け毛の防止


出産後気になることのひとつに『抜け毛』があります。葉酸は産後の抜け毛対策にも良いとも言われていますが、どうしてなのか?産後の抜け毛の原因と葉酸の働きについて調べてみました。

①出産後の女性ホルモンのアンバランス

女性ホルモンには2種類あり、どちらも妊娠・出産に関して子宮の働きを活発にさせて、妊娠する上で良い環境を整えると言う、とても大きな役割を持っています。またそれぞれに髪の毛の成長を促したり、肌に弾力やツヤを与えたり、精神を安定させるなどの働きをしているので、髪が艶やかで豊かになったり、肌がきれいになったり、穏やかな気持ちで暮らせたりするのです。

ところが妊娠中に多量に分泌していた分、産後は一気に分泌が少なくなってしまいます。こうしたホルモンバランスの崩れで抜け毛が生じ、肌荒れを起こしたり、精神的に不安定な状況ができてしまうのです。
ホルモンがバランス良く分泌されて、ストップしていた髪の毛が生成され、これらの症状が改善するには2~3ヶ月を要しますが、1年後でも回復しない場合もあります。

②栄養不足による抜け毛

お母さんのからだは、妊娠中は胎児に栄養を補給し、出産後も特に母乳育児の場合は、補給するために、どうしても本人が栄養不足になってしまいがちです。産後の母体のダメージを回復させるために、栄養が子宮などに行き渡ることが多くなり、最後に栄養が行き渡る末端の髪の毛や爪にはほとんど栄養が届きません。
このような状態では、髪の元になる栄養が不足しますし、細胞を活性化させることができないために、丈夫な髪の毛が生えずに抜け毛が生じてしまうのです。

続きは「出産後にも葉酸が必要な理由」でご覧いただけます。

葉酸はホルモンバランスを整える力


日常でもそうですが、特に妊娠前から出産後にかけてのホルモンバランスの乱れは体調を崩し、精神的にも不安定な、ストレスの多い日々を過ごす原因になります。

妊娠中にストレスを感じ続けると、生まれてくる赤ちゃんのアレルギーや喘息の確率が高くなると言われています。またそれだけでなく、妊娠中のストレスは体のめぐりも悪くなることから赤ちゃんへの血液循環・栄養循環等がうまくいかず早産の危険性も増加します。

葉酸はホルモンバランスを整えて、穏やかで健やかな日常を取り戻すのに効果的です。特に妊娠初期は、つわりやホルモンの乱れから気持ちも不安定になります。そうなると流産の確率も高くなることから、ストレスは妊娠中の大敵と言えます。
葉酸はそれらの原因に働きかけ、血流を整え、脳の神経系に作用して精神を穏やかに保つ効果があります。

お勧めできるサプリメントランキング

葉酸サプリ比較研究所は専門家の意見を参考に以下の項目を重視して妊活中、妊娠中にお勧めできるサプリメントを市場調査しました。優れた評価から順にS、A、B、C、D、Eの6段階評価で採点しております。
不要な成分は入っていないか?
(協力:栄養士10名へのアンケート結果)
葉酸以外に入っている成分のバランスは良いか?
(協力:栄養士10名へのアンケート結果)
誇大にHP上で紹介していないか?
(協力:薬事法対策研究会によるサイトチェック)
粒の大きさ、においなどの飲みやすさは考えられているか?
(協力:出産経験者50名によるアンケート)
安全性は確保されているか?
(協力:栄養士10名へのアンケート結果)
その他、購入者が満足できるサービスと運営しているか?
(協力:出産経験者50名によるアンケート)
1POLEPOLE葉酸サプリ「POLEPOLE葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「POLEPOLE葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

妊娠出産経験のある管理栄養士さんが監修している為、葉酸とオメガ3のセット商品は共感が持てますね。完璧に成分数値を計算していて「余計な成分を入れたくない」等のコンセプトはとても信頼性があります。さらに一般女性の経口摂取量を考慮し「モノグルタミン型葉酸を420μg」配合。推奨基準に合った吸収を目的にしっかり設計。摂取量が多くなっても水溶性ビタミン葉酸なので不要な分は体外へ排出されので安心ですね。

 
無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
B A A A A A
総合評価 A 詳細はこちら
2女性100人の声から生まれた葉酸サプリ「女性100人の声から生まれた葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「女性100人の声から生まれた葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

女性100人の声から生まれた葉酸サプリは、創業46年の知識と経験、お客様目線での品質改善、とても素晴らしい商品です。さらにサポート体制までしっかりしており、葉酸についての正しい知識をしっかりと説明し、妊活~出産までの間、少しでもお客様の不安とリスクを減らしたい!というメーカーの姿勢が感じ取れました。生まれてくる大切な赤ちゃんのために、きちんと考え抜かれた商品を選ぶことがお母さんになる第一歩ですね!

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
A A A A B A
総合評価 A 詳細はこちら
3ベルタ葉酸サプリ「ベルタ葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「ベルタ葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

ベルタ葉酸はリニューアルをして天然型酵母葉酸100%を明記していますが、そもそも「酵母葉酸」とは?合成葉酸を酵母で醗酵培養させた事を指すようです。「モノグルタミン酸型」を採用しており吸収率は「ポリグルタミン酸型」の約2倍です。さらに特徴として「イノシトール」の配合は見逃せないですね。理由は赤ちゃんのダウン症を防ぐのにイノシトールが有効とされていて、これを配合しているところは多くないようです。栄養成分がたっぷりで飲みやすさ、安全性、美容成分もツバメの巣、ヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲン他を配合しています。

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
B A A A B A
総合評価 A 詳細はこちら
4ママニック葉酸サプリ「ママニック葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「ママニック葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

安心してはじめる為の「15日以内の返金保証」が特徴です。200人の女性からアンケートを取って葉酸の必要性以外にも鉄分やカルシウム、ビタミン・ミネラルなど必要な栄養成分が絶妙なバランスで配合されている。また厚生労働省が推奨している「モノグルタミン酸型の葉酸」を採用しており吸収率がポリグルタミン酸型の葉酸と比較すると2倍も違いがあるとは驚きですね!さらに放射能試験、残留農薬試験を行っており、製造もGMP取得した工場で行っているとは安心です。

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
B A A B A A
総合評価 A 詳細はこちら
5パティ葉酸サプリ「パティ葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「パティ葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

数ある葉酸サプリの中でも、パティ葉酸サプリは無添加で余計な成分をいれず、また配合された成分も品質チェックで認定された物だけを使用しているので、安心して飲む事ができそうですね!ママと赤ちゃんに欠かせない、鉄分・カルシウム・ビタミン・ミネラルをバランス良く摂取できるので、妊活時の強い味方になってくれることでしょう。

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
A B B B A A
総合評価 B 詳細はこちら
6オーガニックレーベル葉酸サプリ「オーガニックレーベル葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「オーガニックレーベル葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

オーガニックレーベルの葉酸は、管理栄養士の「五十嵐ゆかりさん」と美容・健康のスペシャリスト「Maikoさん」プロデュースされている商品です。葉酸の原料ですが、オーガニックレーベルは100%オーガニックのキヌアスプラウトで天然原料100%・完全無添加処方を採用。

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
A A A B B B
総合評価 B 詳細はこちら
7食べる葉酸・カルシウム「食べる葉酸・カルシウム」葉酸サプリ比較研究所

「食べる葉酸・カルシウム」葉酸サプリ比較研究所

妊娠中の女性にうれしい成分「葉酸」と「カルシウム」をこれ1つで摂取できるのは嬉しい!お財布にも優しくヨーグルト風味なので、妊活が終わってからも家族みんなで健康の為に摂取しても牛乳や魚が苦手な方でもこれなら2粒で牛乳瓶約1.5本分のカルシウムが手軽に摂れますね!

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
B B A B B A
総合評価 B 詳細はこちら
8美人貯金LOVENESS「美人貯金LOVENESS」葉酸サプリ比較研究所

「美人貯金LOVENESS」葉酸サプリ比較研究所

葉酸と、JAS認定農家が農薬を使用せず栽培したマカを同時に摂取できるサプリメントです。シンプルなパッケージなので気軽に、手軽に場所を選ばず飲むことができそうです。マカ、ビタミンE、ビタミンBなど、妊活には欠かせない栄養素をトータルに配合されていますが、全成分の表記が記載されていなかったのが残念です。

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
C B B B B B
総合評価 C 詳細はこちら
トップに戻る