葉酸サプリ比較研究所

公式サイトはもちろん、Twitterや大手通販サイトから葉酸サプリの口コミ情報を集めました!
赤ちゃんを望むカップルが妊活を始めて2年間、妊娠の兆候がない場合、不妊症と認定されます。不妊症は女性が35歳を過ぎるとぐっと率が上がります。と言っても34歳と35歳でいきなり差があるという訳ではなく、徐々に徐々に卵子が老化し、赤ちゃんが出来にくくなるのです。
また、それは女性だけの問題ではありません。男性が原因の不妊症もあります。男性の場合は40歳がひとつの目安として考えられています。
また、卵子や精子が老化すると流産の危険性も上がります。染色体異常が起こり、胚が十分に発育しないのです。それを防ぐことが出来る効果が期待されるのが葉酸です。
栄養素って目に見えないし、薬と違って今飲んで30分後に効いた!って分からないから、サプリメントに半信半疑になっちゃいますよね。サプリメントの効果を実感するには、かなり自分の身体の声を聞かないといけないかもしれません。でも、そのサプリメントにどういう効果があるのかを知っているのと知っていないのでは、身体の声の大きさも違ってくると思います。

「活性型葉酸とは」

緑黄色野菜などに多く含まれる葉酸は、体内でテトラヒドロ葉酸のいう成分に変化します。吸収後、この成分に変換されることで、葉酸は始めて体内で働き出すことができます。このテトラヒドロ葉酸が活性型葉酸の正体です。
妊娠8ヶ月目から10ヶ月目の妊娠後期になってくると、お腹も大きくなり、赤ちゃんの動きも活発になってきます。お腹が重くなってくるので、動くのが面倒に感じたり、寝苦しくなってくることもあります。

妊娠初期の葉酸の働き

妊娠初期は妊娠4〜15週目ぐらいされており、これまでと同様に、栄養バランスの良い食事を摂取することを心掛けることと、引き続き葉酸を摂取していかなくてはなりません。過剰に摂取しすぎると、赤ちゃんにも良くないとされていますので、過剰摂取には気を付けたいものです。
葉酸を必要とするのは、何も妊婦さんだけではありません。妊活中の女性も妊娠に備えて、葉酸は摂取しておいたほうが良いとされています。遅くとも妊娠する1カ月くらい前から摂取しておくのが理想的だとされています。
約10カ月という長い間、お腹の中で大切に育ててきた赤ちゃん。無事に産まれて最高に幸せなはずなのに、なぜか気分が落ち込んだり、イライラしたりしてしまう。このような状態を「マタニティブルー」と呼びますが、なぜこのような症状が出てしまうのでしょうか?
近頃、葉酸が配合された健康食品を目にしたり、話題に上ったりすることが増えてきました。なぜ、葉酸がこんなにも注目されているのでしょうか? 考えられる原因について見ていきましょう。
厚生労働省が定める葉酸の推奨摂取量は、妊娠中の女性で約480μgです。しかし実際のところ、いつからいつまで葉酸の摂取が必要なのか?妊活中から妊娠初期、妊娠後、出産後から授乳期まで、どういったタイミングでの葉酸摂取が有効なのか調べてみました。

厚生労働省が定める葉酸の推奨摂取量は、妊娠中の女性で約480μgです。妊婦さんに葉酸の摂取が必要なことは、すでに多くの方がご存知と思います。
しかし実際のところ、いつからいつまで葉酸の摂取が必要なのか?そういった情報があまり行き届いていない様子で、知恵袋などで相談をもちかけるケースも増えています。
そこで今回は、妊活中から妊娠初期、妊娠後、出産後から授乳期まで、どういったタイミングでの葉酸摂取が有効なのか調べてみました。
1 / 2
1POLEPOLE葉酸サプリ「POLEPOLE葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「POLEPOLE葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

妊娠出産経験のある管理栄養士さんが監修している為、葉酸とオメガ3のセット商品は共感が持てますね。完璧に成分数値を計算していて「余計な成分を入れたくない」等のコンセプトはとても信頼性があります。さらに一般女性の経口摂取量を考慮し「モノグルタミン型葉酸を420μg」配合。推奨基準に合った吸収を目的にしっかり設計。摂取量が多くなっても水溶性ビタミン葉酸なので不要な分は体外へ排出されので安心ですね。

 
無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
B A A A A A
総合評価 A 詳細はこちら
2女性100人の声から生まれた葉酸サプリ「女性100人の声から生まれた葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「女性100人の声から生まれた葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

女性100人の声から生まれた葉酸サプリは、創業46年の知識と経験、お客様目線での品質改善、とても素晴らしい商品です。さらにサポート体制までしっかりしており、葉酸についての正しい知識をしっかりと説明し、妊活~出産までの間、少しでもお客様の不安とリスクを減らしたい!というメーカーの姿勢が感じ取れました。生まれてくる大切な赤ちゃんのために、きちんと考え抜かれた商品を選ぶことがお母さんになる第一歩ですね!

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
A A A A B A
総合評価 A 詳細はこちら
3ベルタ葉酸サプリ「ベルタ葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「ベルタ葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

ベルタ葉酸はリニューアルをして天然型酵母葉酸100%を明記していますが、そもそも「酵母葉酸」とは?合成葉酸を酵母で醗酵培養させた事を指すようです。「モノグルタミン酸型」を採用しており吸収率は「ポリグルタミン酸型」の約2倍です。さらに特徴として「イノシトール」の配合は見逃せないですね。理由は赤ちゃんのダウン症を防ぐのにイノシトールが有効とされていて、これを配合しているところは多くないようです。栄養成分がたっぷりで飲みやすさ、安全性、美容成分もツバメの巣、ヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲン他を配合しています。

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
B A A A B A
総合評価 A 詳細はこちら
4ママニック葉酸サプリ「ママニック葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「ママニック葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

安心してはじめる為の「15日以内の返金保証」が特徴です。200人の女性からアンケートを取って葉酸の必要性以外にも鉄分やカルシウム、ビタミン・ミネラルなど必要な栄養成分が絶妙なバランスで配合されている。また厚生労働省が推奨している「モノグルタミン酸型の葉酸」を採用しており吸収率がポリグルタミン酸型の葉酸と比較すると2倍も違いがあるとは驚きですね!さらに放射能試験、残留農薬試験を行っており、製造もGMP取得した工場で行っているとは安心です。

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
B A A B A A
総合評価 A 詳細はこちら
5パティ葉酸サプリ「パティ葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「パティ葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

数ある葉酸サプリの中でも、パティ葉酸サプリは無添加で余計な成分をいれず、また配合された成分も品質チェックで認定された物だけを使用しているので、安心して飲む事ができそうですね!ママと赤ちゃんに欠かせない、鉄分・カルシウム・ビタミン・ミネラルをバランス良く摂取できるので、妊活時の強い味方になってくれることでしょう。

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
A B B B A A
総合評価 B 詳細はこちら
6オーガニックレーベル葉酸サプリ「オーガニックレーベル葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「オーガニックレーベル葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

オーガニックレーベルの葉酸は、管理栄養士の「五十嵐ゆかりさん」と美容・健康のスペシャリスト「Maikoさん」プロデュースされている商品です。葉酸の原料ですが、オーガニックレーベルは100%オーガニックのキヌアスプラウトで天然原料100%・完全無添加処方を採用。

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
A A A B B B
総合評価 B 詳細はこちら
7食べる葉酸・カルシウム「食べる葉酸・カルシウム」葉酸サプリ比較研究所

「食べる葉酸・カルシウム」葉酸サプリ比較研究所

妊娠中の女性にうれしい成分「葉酸」と「カルシウム」をこれ1つで摂取できるのは嬉しい!お財布にも優しくヨーグルト風味なので、妊活が終わってからも家族みんなで健康の為に摂取しても牛乳や魚が苦手な方でもこれなら2粒で牛乳瓶約1.5本分のカルシウムが手軽に摂れますね!

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
B B A B B A
総合評価 B 詳細はこちら
8美人貯金LOVENESS「美人貯金LOVENESS」葉酸サプリ比較研究所

「美人貯金LOVENESS」葉酸サプリ比較研究所

葉酸と、JAS認定農家が農薬を使用せず栽培したマカを同時に摂取できるサプリメントです。シンプルなパッケージなので気軽に、手軽に場所を選ばず飲むことができそうです。マカ、ビタミンE、ビタミンBなど、妊活には欠かせない栄養素をトータルに配合されていますが、全成分の表記が記載されていなかったのが残念です。

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
C B B B B B
総合評価 C 詳細はこちら
トップに戻る