葉酸サプリ比較研究所

葉酸とは

葉酸ってことばを知っていますか?

このページを開いた人は「葉酸」を知っていると思いますが、みなさんのおばあちゃん、おじいちゃん、いいえそこまでいかなくても、お母さんは知っているでしょうか? おそらく聞きなれない言葉だと言われるでしょう。

これからお話しする葉酸は、近年あることで急速にその重要性が知られるようになった物質です。そこでなぜ葉酸が注目されるのか、なぜ必要なのか、葉酸に関するあれこれをお話しします。

葉酸ってどういうもの?


葉酸はビタミンB群に属する水溶性(水に溶けるタイプという意味)ビタミンです。ビタミンB複合体の一種で、ビタミン9やビタミンMとも言われます。

もともとは1941年に、肝臓に含まれる悪性貧血予防因子(乳酸菌の増殖因子)としてホウレンソウの葉から発見され、貧血予防に重要な働き・効果が期待された栄養素です。 

葉酸はラテン語でfolium と呼ばれることから葉酸 (folic acid) と名付けられました。 
食品から発見された葉酸はプテロイルポリグルタミン酸という型で、体内でそのまま働くことはなく、消化器官で分解され消化された後、プテロイルモノグルタミン酸という活性型に変わって働きます。

注目をあびるのはなぜ?


発見当初は、悪性貧血などの治療に効果的な物質として注目されましたが、近年の研究や多くの症例から、欧米諸国では受胎前後の葉酸の摂取で、胎児の神経間閉鎖障害(先天性異常)の発症リスクが大幅に減少することが報告されました。

そこで世界各国では妊娠を望む女性に葉酸の摂取が奨められ、その結果、神経間閉鎖障害が著しく減少しました。

これを受けわが国でも、2000年に厚生労働省から葉酸摂取を推奨する通達が出されました。 

妊娠する可能性のある女性に対して、妊娠初期の葉酸摂取の不足によっておきる危険性のある、神経管閉鎖障害の発症率を下げることを目的として、食品だけではなくサプリメントも利用して葉酸を摂取する様に推奨する内容です。

もちろん推奨量も定めています。 近年、葉酸に対する認識は広がっていますが、その性質や期待される効果を具体的に紹介します。

(参照)厚生労働省:葉酸とサプリメント‐神経管閉鎖障害のリスク低減に対する効果

葉酸の働きは?


造血作用、DNAの正確な生成・修復、アミノ酸やたんぱく質の合成・促進などがあります。特にDNAの正確な伝達・修復と言う点で、妊娠に大きな影響力を持っています。

実際には妊娠が確定する前の受精卵の細胞分裂を促進させる、子宮への着床を助けるなど正常な妊娠に結び付け、更には受精卵や胎児のDNA伝達が正常に行われるように働きかけることによって、先天性の神経障害等の危険性を小さくします。

また、DNAの修復という点では、さまざまな病気に対しての効果が報告されています。 神経細胞が、傷められて壊れた細胞を修復できずなかったり、正常な細胞を異物と認識して攻撃したり、DNAが関与する病気もありますが、葉酸はDNAの働きを正常にして病気を防ぎます。

また、たんぱく質の合成に関与することで粘膜を保護し強化しますので、トラブルが起きやすい口内炎や潰瘍を防ぎます。

血流が良くなることで血管を傷めず丈夫にしますので、近年は心臓病、脳卒中など生活習慣病の症例にも効果が認められるとの発表があります。

また葉酸は、神経細胞に直接働きかけることから、うつ病の改善に大きく影響していると言われます。 葉酸の別名ビタミンMのMはメンタルの頭文字で、精神系の病気との関連が強い栄養素です。

葉酸が不足すると?


葉酸が不足するとDNA生合成に支障をきたし、赤血球障害や悪性貧血、口内炎等の症状が生じます。 
直接神経に働きかけることから、葉酸不足は神経系の病気を引き起こし易くなりますし、又近年では動脈硬化、心臓疾患との関係性も報告されています。 
特に妊娠中の葉酸不足は、胎児の発育異常の危険性が高まると言われています。

葉酸は妊娠初期の細胞分裂に不可欠な栄養素ですが、不足すると細胞分裂が活発に行われず、DNA情報が正しく伝達されないことがあります。 その結果胎児がさまざまな神経障害など、先天性異常で誕生する危険性があります。

お勧めできるサプリメントランキング

葉酸サプリ比較研究所は専門家の意見を参考に以下の項目を重視して妊活中、妊娠中にお勧めできるサプリメントを市場調査しました。優れた評価から順にS、A、B、C、D、Eの6段階評価で採点しております。
不要な成分は入っていないか?
(協力:栄養士10名へのアンケート結果)
葉酸以外に入っている成分のバランスは良いか?
(協力:栄養士10名へのアンケート結果)
誇大にHP上で紹介していないか?
(協力:薬事法対策研究会によるサイトチェック)
粒の大きさ、においなどの飲みやすさは考えられているか?
(協力:出産経験者50名によるアンケート)
安全性は確保されているか?
(協力:栄養士10名へのアンケート結果)
その他、購入者が満足できるサービスと運営しているか?
(協力:出産経験者50名によるアンケート)
1POLEPOLE葉酸サプリ「POLEPOLE葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「POLEPOLE葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

妊娠出産経験のある管理栄養士さんが監修している為、葉酸とオメガ3のセット商品は共感が持てますね。完璧に成分数値を計算していて「余計な成分を入れたくない」等のコンセプトはとても信頼性があります。さらに一般女性の経口摂取量を考慮し「モノグルタミン型葉酸を420μg」配合。推奨基準に合った吸収を目的にしっかり設計。摂取量が多くなっても水溶性ビタミン葉酸なので不要な分は体外へ排出されので安心ですね。

 
無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
B A A A A A
総合評価 A 詳細はこちら
2女性100人の声から生まれた葉酸サプリ「女性100人の声から生まれた葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「女性100人の声から生まれた葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

女性100人の声から生まれた葉酸サプリは、創業46年の知識と経験、お客様目線での品質改善、とても素晴らしい商品です。さらにサポート体制までしっかりしており、葉酸についての正しい知識をしっかりと説明し、妊活~出産までの間、少しでもお客様の不安とリスクを減らしたい!というメーカーの姿勢が感じ取れました。生まれてくる大切な赤ちゃんのために、きちんと考え抜かれた商品を選ぶことがお母さんになる第一歩ですね!

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
A A A A B A
総合評価 A 詳細はこちら
3ベルタ葉酸サプリ「ベルタ葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「ベルタ葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

ベルタ葉酸はリニューアルをして天然型酵母葉酸100%を明記していますが、そもそも「酵母葉酸」とは?合成葉酸を酵母で醗酵培養させた事を指すようです。「モノグルタミン酸型」を採用しており吸収率は「ポリグルタミン酸型」の約2倍です。さらに特徴として「イノシトール」の配合は見逃せないですね。理由は赤ちゃんのダウン症を防ぐのにイノシトールが有効とされていて、これを配合しているところは多くないようです。栄養成分がたっぷりで飲みやすさ、安全性、美容成分もツバメの巣、ヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲン他を配合しています。

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
B A A A B A
総合評価 A 詳細はこちら
4ママニック葉酸サプリ「ママニック葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「ママニック葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

安心してはじめる為の「15日以内の返金保証」が特徴です。200人の女性からアンケートを取って葉酸の必要性以外にも鉄分やカルシウム、ビタミン・ミネラルなど必要な栄養成分が絶妙なバランスで配合されている。また厚生労働省が推奨している「モノグルタミン酸型の葉酸」を採用しており吸収率がポリグルタミン酸型の葉酸と比較すると2倍も違いがあるとは驚きですね!さらに放射能試験、残留農薬試験を行っており、製造もGMP取得した工場で行っているとは安心です。

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
B A A B A A
総合評価 A 詳細はこちら
5パティ葉酸サプリ「パティ葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「パティ葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

数ある葉酸サプリの中でも、パティ葉酸サプリは無添加で余計な成分をいれず、また配合された成分も品質チェックで認定された物だけを使用しているので、安心して飲む事ができそうですね!ママと赤ちゃんに欠かせない、鉄分・カルシウム・ビタミン・ミネラルをバランス良く摂取できるので、妊活時の強い味方になってくれることでしょう。

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
A B B B A A
総合評価 B 詳細はこちら
6オーガニックレーベル葉酸サプリ「オーガニックレーベル葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

「オーガニックレーベル葉酸サプリ」葉酸サプリ比較研究所

オーガニックレーベルの葉酸は、管理栄養士の「五十嵐ゆかりさん」と美容・健康のスペシャリスト「Maikoさん」プロデュースされている商品です。葉酸の原料ですが、オーガニックレーベルは100%オーガニックのキヌアスプラウトで天然原料100%・完全無添加処方を採用。

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
A A A B B B
総合評価 B 詳細はこちら
7食べる葉酸・カルシウム「食べる葉酸・カルシウム」葉酸サプリ比較研究所

「食べる葉酸・カルシウム」葉酸サプリ比較研究所

妊娠中の女性にうれしい成分「葉酸」と「カルシウム」をこれ1つで摂取できるのは嬉しい!お財布にも優しくヨーグルト風味なので、妊活が終わってからも家族みんなで健康の為に摂取しても牛乳や魚が苦手な方でもこれなら2粒で牛乳瓶約1.5本分のカルシウムが手軽に摂れますね!

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
B B A B B A
総合評価 B 詳細はこちら
8美人貯金LOVENESS「美人貯金LOVENESS」葉酸サプリ比較研究所

「美人貯金LOVENESS」葉酸サプリ比較研究所

葉酸と、JAS認定農家が農薬を使用せず栽培したマカを同時に摂取できるサプリメントです。シンプルなパッケージなので気軽に、手軽に場所を選ばず飲むことができそうです。マカ、ビタミンE、ビタミンBなど、妊活には欠かせない栄養素をトータルに配合されていますが、全成分の表記が記載されていなかったのが残念です。

無添加 安全性 飲みやすさ 認知度 成分バランス 満足度
C B B B B B
総合評価 C 詳細はこちら

葉酸と妊娠

葉酸は「赤ちゃんのビタミン!!」 葉酸は私たちの健康を維持する上でとても大切な栄養素ですが、特に妊活中や妊娠中の女性にとっては、産後にいたるまで欠かすことのできない栄養素です。

受精卵や胎児の急激な細胞分裂を促進し、DNAの間違った伝達を防ぐなど、さまざまなリスクを回避するために必要な栄養素であることから、「赤ちゃんのビタミン」とも言われます。

遺伝子本体ともいえる核酸の成分である「プリン核」や、「ピリミジン核」の合成にたずさわる酵素を補助する補酵素(助酵素)として、受精卵の細胞分裂と胎児の成熟に重要な働きをするからです。

葉酸と不妊症

結婚すれば妊娠するのが当たり前であり、多くの既婚者が特に疑問を感じることなく親になった時代でも、現在ほどではありませんが、なかなか子どもに恵まれない夫婦はいました。

そんな場合たいていは女性側が責められ、古い時代には「子無き女は去れ」となじられて、自分の意に反して離婚させられる女性も多かったようです。

ここ数十年はやっとですが、妊娠・不妊はどちらか一方だけの責任ではなく、またその原因は先天的な要因だけではなく、毎日の生活の中にもいろいろと潜んでいる事がわかってきました。

葉酸サプリメントの種類

この問題はどんなにたくさんの意見を聞いても、決して一方に決めつける事ができないのではないかと思います。

どちらも薬剤や食品としての基準を守って製造されていると前提した場合、理論的な正解を押し付ける訳にはいかないのです。

摂取する人が自分の食生活や健康を考えて、自分の考えに合っている方を選ぶのがベストです。

天然葉酸と合成葉酸の特徴をきちんと述べている商品の主張をしっかり読み比べて、商品選びの参考にできるように、いくつかの商品の主張を紹介したいと思います。

天然葉酸と合成葉酸、どちらの葉酸を選ぶ?

天然葉酸にこだわる主張と厚生労働省が推奨する

合成葉酸でそれぞれの主張を紹介しましたが、情報は限りなくあり、最終的には自分がどう理解し納得するかで選ぶことになると思います。

情報は多いですが、基本的には似通ったいくつかに分けられます。

ただ混同しやすい情報があり、しかも正確に伝えられていないので、商品を詳細に確認するか、それでもわかりにくい場合はメーカーに問合せするなどして、商品の正しい知識を得てから選ぶことが必要かも知れません。

口コミあれこれ

現在葉酸サプリメントは、各社工夫を凝らした製品として世の中に溢れています。

商品名ではなく、タイプ別に利用者のみなさんがどんな風に感じて飲んでいるのか、声をいくつか拾ってみます。

葉酸サプリ比較研究所のコラム

  • 「人気の葉酸サプリってどんなサプリメント?」
    「人気の葉酸サプリってどんなサプリメント?」 「葉酸」で検索するとたくさんのサプリメントの広告が出てきます。妊娠中の女性はもちろん、美容やアンチエイジングにも良くて、ちょっとサプリメントを飲んでみようかな…と思った女性の中にはこう思う人もたくさんいるでしょう。 「どれを購入したらいいの…?」と。
    続きを読む...
  • 「危険な症状!胎盤早期剥離に要注意」
    「危険な症状!胎盤早期剥離に要注意」 お母さん達の中には「妊娠するまでは、安定期に入ったら注意さえしていれば危険なことはほとんどないと思っていた」という声が時々あります。しかし 、赤ちゃんの対面するまで、油断は大敵です。常位胎盤早期剥離もその一つです。通常、胎盤は出産の数分後に子宮から剥がれ落ちて、外部へ排出されます。しかし、赤ちゃんがまだ子宮に居るにも関わらず、胎盤が剥がれ落ちてしまう現象があります。これが常位胎盤早期剥離です。 赤ちゃんがお母さんの身体から酸素や栄養を受け取るためには胎盤を経由しなければなりません。赤ちゃんより先に胎盤が剥がれ落ちてしまえば、赤ちゃんに栄養が行き渡らなくなり、呼吸が困難になります。最悪の場合、赤ちゃんはお腹の中で死んでしまいます。常位胎盤剥離での死産率は50%とかなり高いです。もし、万が一、無事生まれてきたとしても障害が残ってしまう可能性もあります。
    続きを読む...
  • 「超妊娠初期は要注意。神経管閉鎖障害とは」
    「超妊娠初期は要注意。神経管閉鎖障害とは」 お腹の中の赤ちゃんの器官は人間が生命を維持する上で、最も大事だとされる順で作られます。妊娠7週目には赤ちゃんの身体はまだあまり人間っぽくなく2頭身です。しかし、この頃には最も大切な脳や神経は約80%作られています。作り始める時期はもっと早く、超妊娠初期の呼ばれる頃です。お母さんが妊娠にようやく気づくか気づかないかのこの時期に起きるのが、神経管閉鎖障害です。
    続きを読む...
  • 「モノグルタミン酸型葉酸とは?」
    「モノグルタミン酸型葉酸とは?」 モノグルタミン酸型葉酸というのは合成葉酸のことです。合成葉酸と聞くと「えっ?」と思う人がいるかもしれませんが、必ずしも合成=危険ではありません。もし、「天然葉酸と合成葉酸、どちらがお勧めですか?」と聞かれれば合成葉酸とお答えします。その理由は厚生労働省が進めているのが合成葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)だからです。何故、厚生労働省はモノグルタミン酸型葉酸を勧めているのか。その根拠は吸収率にあります。最も葉酸を必要とする超妊娠初期の女性で1日に400μgの葉酸を摂取しなければなりません。モノグルタミン酸型葉酸だとこの内、体内で85%を吸収することが可能です。しかし、ポリグルタミン酸型葉酸(天然)だと吸収率は50%まで落ちます。つまり、ポリグルタミン酸型葉酸だけで推奨量をまかなおうと思えば、400μg以上の葉酸を摂取する必要があるのです。
    続きを読む...
  • 「ポリグルタミン酸型葉酸は非効率!天然葉酸との関係」
    「ポリグルタミン酸型葉酸は非効率!天然葉酸との関係」 食品由来の葉酸はポリグルタミン酸型葉酸と呼ばれています。その分子構造はたんぱく質がくっついていて複雑です。一方、化学合成や加工食品に含まれている葉酸はモノグルタミン酸型葉酸と呼ばれ、分子構造は単一で単純な形をしています。ポリグルタミン酸型葉酸は体内に入ると、まず消化酵素の働きでたんぱく質と分解され、モノグルタミン酸型葉酸へと変化します。そのため、モノグルタミン酸型葉酸を摂取した時の体内での葉酸利用率が85%であるのに対して、ポリグルタミン酸型は50%にとどまります。
    続きを読む...
コラム一覧
トップに戻る